黒が浜とシイネツヒコと浦島太郎


黒が浜。蛇紋岩といわれる黒い石に美しく覆われている、大分市佐賀関を象徴する浜。日本の渚百選。

先週は、メインカットの一つでこの写真を撮影にいったのですが玉砕しました。日の出時間はいつもチェックして30分以上前にはここにいたのですが、なんと、満潮でこの撮影ポジションまでざぶざぶと波がかかっているではありませんが。

改めて、潮見表も入念に確かめて再挑戦。光の位置、波の位置も良い感じでようやくお目当の写真になりました。

.
この地区の国津神は、近くに椎根津彦神社があるシイネツヒコ。古事記日本神話には「速吸の門(豊予海峡)より亀に乗って釣りをしながら現れた、翁の姿の神」とあり、浦島太郎伝承の原型のひとつとされています。

投稿を作成しました 238

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る