浦島太郎 足のポーズ 製作中


浦島太郎といえば、亀の背に乗ったポーズが浮かびますが、亀の背中ってよく考えると座り辛い形だと思いませんか?

馬のようにまたがって座るのがあまりイメージできなかったので、片方の足を胡座に、反対を投げ出す形にしてみました。この方がしっくりきます。


さて後は両腕と腰蓑をつけて、釣り竿や玉手箱など小道具を作るとウラシマはひとまず完成。続いてデカいカメの制作に入ります。


太郎さんとカメができたら、まず大分と、近場宮崎のウラシマ伝承地で撮影。来年のボタン桜の時期には金太郎ねんど人形を持って南足柄市金太郎生家跡のボタン桜を狙いますので、その時に神奈川の「浦島太郎の両親のお家」など取材します。

岡山や丹後半島など、最も古い昔ばなしであるウラシマ伝承はそこここにありますので、ロケ撮影で日本中たずねて歩きたいな。

投稿を作成しました 230

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る