立花道雪とえぼし公園のぼたん桜 粘土人形昔ばなしの旅 大分県豊後大野市


立花道雪の居城・鎧ヶ岳城があった、大分県豊後大野市の鎧ヶ岳のすぐ近く、えぼし公園。

ぼたん桜の名所であるここで、立花道雪や立花誾千代(ぎんちよ)姫、また豊後の王・大友宗麟公や立花宗茂も、四百数十年前にお花見を楽しまれたのでしょうか。
雷神・立花道雪とその主君・大友宗麟公の自作樹脂粘土人形を持って、4月中下旬、早朝のえぼし公園へ。満開のぼたん桜と鳥の声に包まれて、動画とスチル撮影しました。

投稿を作成しました 238

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る