ゼニクレージー

ゼニクレージーが復活しているではありませんか! なんと!!

・・なんかDocomoのCMキャラクターになって。

と、いきなりこんなことを言い始めても、分かる方いらっしゃらないでしょうね(笑)。悪者大好きなんですけれども、昭和の特撮の中で「正義のシンボル コンドールマン(原作/川内康範)」の、悪者幹部モンスターの1匹なのです。

特撮というと、ヒーローの格好良さが魅力なのはもちろんですが、私は昔から悪者が好きで好きで・・なんというか、時代劇で「お主も悪よのう」「いえいえお代官様にはかないませぬよ」みたいな会話がとてもほっとします。悪いことばっかり考えているのに、最後にやられるのがお約束なのもよいですね。悪者が、さらに悪者の仕事人に仕置きされる必殺シリーズも一周回ってしびれます。

スペクトルマンの宇宙猿人ゴリとラーの悪者ぶりなんて特撮の理想ですが、コンドールマンの悪者は、キャラクターデザインがもうとにかく極めつけなのです。センスの塊。

コンドールマンエンディングの動画を探したら、オープニングと一緒のがニコニコで見つかっただけですが、これ、いっぺん観てみてください。

悪者ソングとエンディング映像の最高峰を保証します(笑)。

ニコニコ動画 コンドールマン OP+ED

https://www.nicovideo.jp/watch/sm32525609


良い表情してますね。悪者はこうでなければ(笑)。

投稿を作成しました 131

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る